ラジャアンパット(2009年3月)

 2009年3月7日~15日にクルーズ船「サザンスター号」に乗船してインドネシアのラジャアンパットで撮った写真です。

e0314451_12521293.jpg
e0314451_12521834.jpg
e0314451_12522643.jpg
e0314451_12523374.jpg
e0314451_12524113.jpg
e0314451_12524979.jpg
e0314451_12525640.jpg
e0314451_125339.jpg
e0314451_12531587.jpg
e0314451_12532288.jpg
e0314451_12532831.jpg
e0314451_12533663.jpg
e0314451_12534421.jpg
e0314451_12535267.jpg
e0314451_1254285.jpg
e0314451_12541038.jpg
e0314451_12541757.jpg
e0314451_12542679.jpg
e0314451_12543322.jpg
e0314451_12544079.jpg
e0314451_12544893.jpg
e0314451_12545628.jpg
e0314451_1255473.jpg
e0314451_12551268.jpg
e0314451_12552185.jpg
e0314451_12552980.jpg
e0314451_12553866.jpg
e0314451_12554680.jpg
e0314451_12555495.jpg
e0314451_1256272.jpg
e0314451_12561080.jpg
e0314451_12561959.jpg
e0314451_12562887.jpg
e0314451_12563863.jpg
e0314451_12564729.jpg
e0314451_12565710.jpg
e0314451_1257450.jpg
e0314451_12571419.jpg
e0314451_12572317.jpg
e0314451_12573296.jpg
e0314451_12574189.jpg
e0314451_12575133.jpg
e0314451_1258086.jpg
e0314451_12581042.jpg
e0314451_12581947.jpg
e0314451_12582883.jpg
e0314451_12583869.jpg
e0314451_12584710.jpg
e0314451_12585565.jpg
e0314451_1259546.jpg
e0314451_125914100.jpg
e0314451_12592563.jpg
e0314451_12593699.jpg


 今回は旅行記風に・・・。

 ニューギニア島の西端にある「Raja Ampat(ラジャアンパット)」という数多くの島が集まったエリアに向け、3月7日の9時40分、セントレアからSQ便でシンガポールに向けて出発。更にSQ便でシンガポールからインドネシアの首都ジャカルタへ。18時過ぎにジャカルタに到着して、この日はステーションホテルで一泊しました。
 翌朝、「メルパチ」という初めて聞いたローカル便に乗るために、3時30分にモーニングコールで起こされ、4時00分にホテルのロビーに集合。「メルパチ」のカウンターに向かうも、「まだ5時00分発のマカッサル行きの便にはチェックイン出来ない」とのこと。ラウンジに案内されてとりあえず待つことに。待つこと数時間、あっさりと「今日は飛ばない」というお言葉。「じゃあ、今日はメルパチ持ちでステーションホテルでもう一泊して、明日行けばいいや」と考えていると、現地スタッフが言うには「明日も飛ぶかどうか分からないので、その先の便には既に間に合わないが、とりあえず午後便でマカッサルまで行くことを勧める」とのこと。「それならば」というか、「少しでも先に進まなくては・・・」という思いで、マカッサルに向かいました。マカッサルでは空港から10分程のローカルホテルに泊まることに。「今晩はビールでも飲んで、さっさと寝よう」と思いホテルのボーイにビールを頼むものの「ここにはない」との寂しい返事。ボーイから「ホテルから200m程行ったお店で売っている」という情報を仕入れて買出しにいざ出発。お店でビールを頼むと「5分待ってくれ」と言われ、いやな予感がして「cold?」と聞くと「氷を入れろ」と言われてしまった。「ここはイスラム教の国。諦めも肝心」と自分を言い聞かせ、何年振りかのアルコールのない夜を過ごすことに。「毎日規則正しく、酔うまで飲む」という私の習慣が・・・。
 眠れない夜を過ごし、翌朝、9時25分発の「メルパチ」便に乗り、最終目的地のソロンに到着。4本の便を乗り継ぎ、ここまでで2日半・・・。さすがは秘境。「潰れた1日を取り返すためにガンガン潜るぞ」と心に決め、サザンスター号に乗り込みました。

初日9日の1本目はBATANTA島のTg.Makoiというポイント。見られるのはバーチーク、ゴールドベリーなどのダムゼル系とスプレンデット、クレナイニセスズメなどのドティバック系。また、島の名前が付いたバタンタドティバックも。2ヶ月ぶりの海。水に慣れるだけで精一杯。ということで、写真は・・・。
そして2本目は同じポイントでナイト。「歩くサメ」を目当てに潜ったものの残念ながら現れることはなかった。
しかし、ナイト後のBINTANGビールが美味いこと。1日ぶりのビールを一気飲みしてしまった。

翌日の10日はAirborei島、Yanggefo島にて2本づつ。見られるものはアデヤッコ、イナズマヤッコ、ジョーフィッシュ、カニハゼ、薄っぺらいピグミー(ポントヒ)、コンビクトフィシュなどなど。
そしてGAM島にてナイト1本。ヒゲが生えた平べったいサメ「タッスルドウォビゴン」をGET。しかし、この手の被写体は絵にするのが難しいなー。
ナイトの後はもちろんBINTANGビール。

11日は極楽鳥ツアーをサボって、まずジェッティーで1本。2本からは「マンタ祭り」。今回、初進水となる10~17mmレンズのフィッシュアイレンズの登場です。これが難しかった。自分のフィンは映り込むは、ストロボの光が均等に当たらないは、透明度がモロに影響するは・・・。これからもっと勉強するつもりですが、何だかもう既に「諦めモード」に入りつつあります。
この日はナイトをサボってBINTANGビール。

12日はMioskon島、Kerupiar島、Kri島で4本。そして、この日のナイトで大事件が・・・。寝ているブダイなどを撮りながら潜っていると、突然、大きな魚が眼に映った。バッファローフィッシュだ!寝ぼけているのかあちらこちらにぶつかりながらゆっくり泳いでいる。そして、テーブルサンゴの下から上に向かってテーブル部分に触った。止まるか?と思った瞬間、テーブルサンゴをブチ壊して飛び出した。「ぅわぁ!」思わず声が出てしまった。壊されたテーブルサンゴを上から見ると「100%の内15%が無くなってしまった円グラフ」みたくなってしまった。また、パックマンにも見える(古い!)。もし、あのバッファローに体当たりされたら怪我だけでは済まないだろうなー。

ダイビング最終日の13日はKabuiStraits(水路)にて2本。1本目はNudiBranchRockというポイント。ドロドロのMadDiveで見られるのはピクチャードラゴネット。数メートル離れるとロストしてしまうような透明度のため、またまた写真は・・・。そして、最後の1本はラジャならではPassageというポイント。水面を泳いで大きな横穴に入った後、振り返ってみると「真っ暗な中に三角形の穴」が。そして、その穴からジャングルが見えるという不思議な光景だ。その穴を進み潜行すると上から光のシャワーが降ってくる。これまた美しく、写真を撮りまくる。次の撮影ポイントに移動するために水路に出てみると、いつの間にかダダ流れに。右手にカメラ、左手で岩をつかんで前へ進むものの、あと少しというところでギブアップ。一旦浮上して船に拾ってもらい、船で激流を登っていく。再度、エントリーしたところは流れが緩やかになっていた。ここでは、ソフトコーラルと水面に映るマングローブを撮るが、いつの間にか曇ってしまい緑が映えなかった。
今晩は最後の夜。船上バーベキューをいただきながらBINTANGビールと赤ワインを飲む。

5泊6日のクルージングを終えて帰路に付く予定が・・・。

 「サザンスター号」を下船してソロン空港へ。メルパチに乗り込み、マカッサルへ。大きな問題もなく、マカッサルに無事到着。改めてマカッサル空港内を見てみると、出来て間もないこともあり非常に綺麗であった。トイレにドアがないソロンとは比べ物にならない。次の便までに時間があるため空港内で、足、腕と肩をマッサージしてもらう。1時間で110,000ルピア。円に換算すると900円。非常に安くダイビングで疲れた体をリフレッシュすることが出来た。
 しかし、ここからがメルパチらしさ。3番搭乗口でジャカルタ便を待っていると、案内板から私たちが乗る便が消えてしまった。また、キャンセルか?と思ったが、いつの間にか搭乗口が変更になっていたようだ。急いで変更になった搭乗口に駆け付け搭乗する。変更のアナウンスを聞き逃したのか?それとも、アナウンスがなかったのか?
 まあ、乗り遅れなかったから良しとするか。無事、離陸して、到着する。これでメルパチともお別れし、後は信頼できるシンガポール航空で・・・。と思いきや壁に掛かっている看板に「Welcome to East Java」の文字が・・・。ジャカルタってジャワ島の東だっけ?西じゃなかった?「ここはジャカルタではない」ということに気が付き、先程降りてきた搭乗口に駆け付ける。「マカッサル発、ジャカルタ行き」の便がいつの間にか「スラバヤ経由」になっていた模様。もう一度同じ飛行機に乗り込み、ジャカルタへ向かう。
 まあ、乗り遅れなかったから良しとするか。無事、ジャカルタに着陸して荷物を待つ。しかし、何故だか私の荷物だけ出てこない。最後にこれがあったか・・・。と諦めかけたところ、出てきた!これでメルパチともお別れだ。
 あとは「ジャカルタからシンガポール」、「シンガポールから名古屋」へのシンガポール航空。メルパチ航空とは安心感が全然違う。ジャカルタ空港でビールを飲み、シンガポール空港でもビールを飲んで、無事名古屋へ到着した。

 ということで、搭乗便数4本の予定が5本になったが、まあ帰ってこられたということで良しとするか。
[PR]
by nexus30d | 2009-03-07 00:00


水中写真


by nexus30d

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

沖縄(2017年08月)
at 2017-08-08 00:00
沖縄(2017年07月)
at 2017-07-12 00:00
2017 大名古屋映像祭(プ..
at 2017-06-03 00:00
マクタン島(2017年5月)
at 2017-05-03 00:00
2017春夜会の宴会(201..
at 2017-04-11 00:00

カテゴリ

全体
01_マクタン
02_沖縄
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2006年 11月

フォロー中のブログ

最新のコメント

〉うっち~ ピンスポッ..
by mマクロ命 at 20:01
ご無沙汰しています! ..
by uchiyama at本部 at 00:21
〉池ちゃん ニチリン、..
by mマクロ命 at 17:46
相変わらず真っ黒な作品の..
by ikechannomp at 14:34
団子狙いですか…(^-^..
by nexus30d at 12:33
隊長!ぜひ団子さんの季節..
by chiyomaru02 at 15:45

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
マリンスポーツ

画像一覧